コラーゲンを摂取&塗布して内側からも外側からもアプローチ!

コラーゲンはバストアップにおいて摂取すべき大切な成分です。

コラーゲンは肌のハリを出す効能があるため、バストの位置を上げたり、弾力性のあるバストをするということが研究結果により発表されています。

こうしたバストアップ作用以前に、動物にはなくてはならない成分でもあります。靭帯、骨、軟骨、腱、真皮などを作っているたんぱく質だからです。

バストアップに重要な理由として、この靭帯という器官が関わってきます。バスト内部には、バストが下に落ちないようにバストと皮膚や筋肉を繋げているクーパー靭帯というものがあります。

このクーパー靭帯はヒジやヒザなどにある硬いものではなく、メッシュ状のもろい作りをしています。この靭帯が切れたり伸びたりすることでバストが垂れてしまうのです。高齢者の方がよくバストが垂れてしまっているのは、肌のハリの低下とクーパー靭帯の劣化が原因です。

このクーパー靭帯は一度切れると自然に回復することがありませんので、事前の保護が必要となります。クーパー靭帯は筋肉のように鍛えることができませんが、コラーゲンを摂取することによって強化することができると言われています。

このコラーゲンはバストアップサプリやドリンク、粉末などの健康食品や、スキンケア商品、バストアップクリームなどの化粧品類に配合されるようになってきました。

一時期、コラーゲンの経口摂取は意味がないと言われたこともありましたが、現在では効果があるというように見直されています。

20代半ばくらいからコラーゲンはどんどん減少していきますので、こうしたアイテムで摂取して若々しさを保ち、バストアップにも役立てましょう!


その他の成分 ≫ ビタミンC