バストアップクリームの効果は?

豊胸クリームの効果、成分と臨床試験結果について

バストアップクリームの効果について紹介します。

多くのバストアップクリームには、バストサイズはアップしたり、ハリやツヤを出したり、弾力性を出したりといった効果効能を発揮する成分が含まれています。 こうした成分は具体的に以下のようなものがあります。
  • ボルフィリン
  • プエラリア
  • コラーゲン
  • プラセンタ
  • ヒアルロン酸
  • イソフラボン
当サイトでも15個のバストアップクリームを紹介していますが、どの商品が一番いいのかがわからなくて選べないという人もいると思いますが、おすすめはボルフィリン配合のバストアップクリームです。

すべての人に同じ効果が望めるわけではありませんが、ボルフィリンは塗った箇所の脂肪を増殖させるという効果効能があります。

実際にフランスのある会社がボルフィリンの臨床試験を実施してその効果を検証しました。その臨床試験の内容とは以下のようなものです。

臨床試験画像

  • ブラサイズが Aサイズと Bサイズの女性
  • 18歳から35歳の女性30人
  • ボルフィリン配合のクリームを片方の乳房に1日に2回塗る
  • 28日目と56日目の2回計測
以上のような試験内容の結果は平均で28日目には6.6%のサイズアップ、56日目には8.4%のサイズアップが確認されたということです。

また、脂肪をふやさなくても、肌のハリを取り戻すだけでバストが大きく見える効果もあります。ある専門家は、バストトップが5cm 上がるだけで5歳若く見えると言っています。


バストアップクリームにはこうした肌のハリを取り戻すための美容成分が含まれているものが多いので、目的によってはこうした成分がたくさん含まれているアイテムを購入しても良いと思います。


多くの女性が効果を実感しているバストアップクリームはこちら ⇒

バストアップクリームの人気ランキング